作品概要

ユピテルとアンティオペ》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は?で、サンス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

革命の時代を生きた画家

典型的な新古典主義の画家、ダヴィッドの記念碑的な作品は、おそらく伝統的歴史画の最後の勝利だったといえる。ファッショナブルなグレコ・ローマン様式を採用したダヴィッドは、こうした古風な主題を啓蒙主義の哲学と混ぜ合わせ、道徳的な模範を作り出した。彼の直線は、当時の政治を反映した物語を劇的に描いた。ダヴィッドは当時の最高の画家として、ルイ16世の君主制、革命後の政府、およびナポレオン・ボナパルトに仕えた。これらの治世には根本的な違いがあったにも関わらず、である。ダヴィッドはまた、ドミニク・アングルやフランソワ・ジェラールといった弟子を抱えた重要なアトリエを運営した。


詳細が不明の作品

‘《ユピテルとアンティオペ》は制作年不明の作品である。裏側には若い女性のスケッチが描かれている。ジャック=ルイ・ダヴィッドによる作品であると思われるが、ダヴィッドは若い時期に制作した作品の大部分を自身の作ではないとしているため、帰属の判断は困難なものとなっている。

ダヴィッドはこの作品をいとこのマリー・フランソワーズ・ボドリーとその夫に贈った。彼女の孫アドルフ・ギヨンは、1896年に死去した際、サンス美術館に本作を残した。

主題

主題は、オウィディウスの「変身物語」のエピソードから取られたものとなっている。全知全能の神ユピテルが、アンティオペを見初める物語である。ユピテルが森の神である半人半獣のサテュロスに変身し、眠っているアンティオペの裸体に見とれている。ユピテルとアンティオペはこの後、双子をもうけることとなる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名ユピテルとアンティオペ
  • 英語名Jupiter and Antiope
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵サンス美術館 (フランス)
  • 種類油彩画
  • 高さ87cm
  • 横幅79cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ユピテルとアンティオペの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。