作品概要

ランナーたち》は、画家のロベール・ドローネーによって制作された作品。制作年は1920年から1920年で、プライベートコレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

オルフィスの創立者が目指した絵画

《ランナーたち》は、オルフィス運動を起こし自身の芸術スタイル、オルフィスを確立させた芸術家ロベール・ドローネーによって制作された絵画である。彼の創立したオルフィスは、ファシズムの色彩と未来的なダイナミズム、そしてキュビズムを融合したスタイルである。まさに、ドローネーがこれまで影響を受けてきたそれぞれの芸術スタイルの集大成ともいえる。

その後、ドローネーはキュビズムの原則を利用しながらも色の探求を始めるのである。そしてドローネーの代表作のうちの一つである、空間と動きを示唆する大小の色づいた円をテーマとした連作を発表していく。これらの作品は、数学的であり1920年代の抽象芸術に深く影響を与えることとなるのである。

単純化された絵画

本作品の背景にも、ドローネーの象徴ともいえる円が半円の形で登場している。この半円は、構図から察するに太陽であると思われる。その上この半円は中心に赤色を使用しており、絵画の中心にあるため非常に際立って見える。

また、赤色の周りを囲むようにある淡い灰色は太陽の日の光であることが予想される。この表現方法こそが、ドローネーが熱心に取り組んでいた色を使い動きや感覚を表すということなのであろう。そして、本作品のテーマであるランナーと背景も色彩を重視しながら単純化され表現されている。

これらのことから、本作品のテーマは非形態的なものではないがドローネーが本作品を手掛けている頃にはすでに、彼が色彩に重きを置いていたことが分かる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロベール・ドローネー
  • 作品名ランナーたち
  • 英語名The Runners
  • 分類絵画
  • 制作年1920年 - 1920年
  • 製作国
  • 所蔵プライベートコレクション (?)
  • 種類油彩
  • 高さ46cm
  • 横幅55.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ランナーたちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。