作品概要

都市パリ、女性と塔》は、画家のロベール・ドローネーによって制作された作品。制作年は1925年から1925年で、?に所蔵されている。

詳細な画像を見る

大作に挑むドローネー

ロベール・ドローネーは《都市パリ、女性と塔》を制作する以前、建築家とコラボレーションすることに強い関心を寄せていた。これまでは、イーゼルでの制作に打ち込んでいたドローネーであったがその後、念願叶って建築家から制作依頼を受けることになるのである。そして1925年に装飾美術学校の壁画を制作するという目的で《都市パリ、女性と塔》を制作する運びとなったのだ。

建築家とのコラボレーションを願っていたドローネーには、大変喜ばしい制作となったことは言うまでもない。実はこの壁画は、パリをテーマにした作品の続編であった。そしてドローネーは本作品制作をきっかけとして、再び国際博覧会のために壁画制作を依頼されることになるのである。結果、建物内の本壁画制作がきっかけで彼の大作を制作する機会は増えていった。

建築とのコラボレーション

彼の大作の中には円盤を使用した作品も残されている。円盤をテーマとした作品では、色彩で人々を魅了したのであった。そうして、円盤を描いた大作でドローネーは絵画に完全なる抽象を求めていくようになったのである。

また、円を描いた一連の作品でドローネーは幾何学的なデザインを追求し見事、建築との融合を果たすのである。制作において建築との融合が成功した理由は、彼のデザインのみならず制作材料に石膏、顔料、おがくずなどが使われたことも挙げられる。

こうしてドローネーの探求と研究が実を結び、彼は芸術と建築の境界線をなくすことに成功したのであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロベール・ドローネー
  • 作品名都市パリ、女性と塔
  • 英語名The City Paris. The Woman and the Tower.
  • 分類絵画
  • 制作年1925年 - 1925年
  • 製作国?
  • 所蔵? (?)
  • 種類?
  • 高さ?cm
  • 横幅?cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 都市パリ、女性と塔の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。