作品概要

教皇ピウス7世の肖像》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1805年から1805年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《教皇ピウス7世の肖像》は、フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィッドにより1805年に制作された作品である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

革命の時代を生きた画家

典型的な新古典主義の画家、ダヴィッドの記念碑的な作品は、おそらく伝統的歴史画の最後の勝利だったといえる。ファッショナブルなグレコ・ローマン様式を採用したダヴィッドは、こうした古風な主題を啓蒙主義の哲学と混ぜ合わせ、道徳的な模範を作り出した。

彼の直線は、当時の政治を反映した物語を劇的に描いた。ダヴィッドは当時の最高の画家として、ルイ16世の君主制、革命後の政府、およびナポレオン・ボナパルトに仕えた。これらの治世には根本的な違いがあったにも関わらず、である。ダヴィッドはまた、ドミニク・アングルやフランソワ・ジェラールといった弟子を抱えた重要なアトリエを運営した。

教皇を描く栄誉

ナポレオンの戴冠式後、教皇ピウス7世がまだパリに留まっていた際に、ダヴィッドは彼の肖像画を描いた。これにより、教皇を描いた画家として、過去の画家ラファエル、ティツィアーノ、ベラスケスらに加わった。それまでの伝統では、教皇を描くためには画家がひざまずくべきであったが、ダヴィッドは座って描くことでその儀礼を破った。しかしダヴィッドは自身に与えられた栄誉に感謝し、制作中は上等の衣装と剣を身に着けていたようである。

彼は由緒ある教皇に対して熱烈に応え、ピウスの手から受け取った祝福により喜び感動した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名教皇ピウス7世の肖像
  • 英語名Portrait of Pope Pius VII
  • 分類絵画
  • 制作年1805年 - 1805年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、板
  • 高さ86cm
  • 横幅71cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 教皇ピウス7世の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。