作品概要

ポリティカル・ドラマ》は、画家のロベール・ドローネーによって制作された作品。制作年は1914年から1914年で、ナショナル・ギャラリー (ワシントン)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

絵画来歴

本作品《ポリティカル・ドラマ》の制作された1914年の前の年、ロベール・ドローネーは、円盤をテーマ―とした作品シリーズを制作していた。そしてその円盤シリーズと並び、彼の作品の中で有名なのが1912年に制作されていた窓をテーマとした作品シリーズである。

つまり本作品は、ドローネ―の生涯の中で代表作ともいえる二つの大きなシリーズ作品の制作後に描かれた作品ということになる。またドローネーの絵画の特徴といえば、色彩の見事なコントラストであるが、この頃の彼のスタイルはキャンバスに色彩のコントラストと抽象を取り入れるのが主流であった。

受けた影響を絵画に反映させたドローネー

ドローネーの妻ソニア・ドローネーもまた、ロベール・ドローネー同様画家であった。そんな二人は、キュビズムスタイルからの影響を受け抽象絵画を押し進めていくこととなった。ドローネーは、画家としての人生をスタートさせてから多くの芸術スタイルから影響を受けその影響を自身の作品に反映させている。

またその影響というのは、芸術スタイルだけでなく妻のソニアからの影響も大きいといえる。そしてそれはファシズムスタイルに始まり、新印象派の色使いなど感覚に刺激を与えるようなものばかりであった。

芸術感覚を研ぎ澄まされるような影響を受けたドローネーは、絵画にダイナミックさを盛り込み鑑賞者の感覚にアピールするようなダイナリズムの感覚を創造していくことを試みていった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロベール・ドローネー
  • 作品名ポリティカル・ドラマ
  • 英語名Political Drama
  • 分類絵画
  • 制作年1914年 - 1914年
  • 製作国
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (ワシントン) (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ88.7cm
  • 横幅67.3cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ポリティカル・ドラマの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。