作品概要

エマニュエル=ジョゼフ・シエイエスの肖像》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1817年から1817年で、フォッグ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

革命の時代を生きた画家

典型的な新古典主義の画家、ダヴィッドの記念碑的な作品は、おそらく伝統的歴史画の最後の勝利だったといえる。ファッショナブルなグレコ・ローマン様式を採用したダヴィッドは、こうした古風な主題を啓蒙主義の哲学と混ぜ合わせ、道徳的な模範を作り出した。

彼の直線は、当時の政治を反映した物語を劇的に描いた。ダヴィッドは当時の最高の画家として、ルイ16世の君主制、革命後の政府、およびナポレオン・ボナパルトに仕えた。これらの治世には根本的な違いがあったにも関わらず、である。ダヴィッドはまた、ドミニク・アングルやフランソワ・ジェラールといった弟子を抱えた重要なアトリエを運営した。

モデルについて

エマニュエル=ジョゼフ・シエイエスは、フランス革命の指導者、政治家の一人であり、急進的な聖職者であった。1789年に著した「第三身分とは何か」は、フランス革命に非常に大きな影響を与えた。彼はテニスコートの誓いに参加し、ルイ16世の死刑を票決し、ナポレオンが1799年のブリュマールのクーデターで権力を奪うのを助けた。

絵画の上部にあるラテン語の解説文によると彼は69歳であり、ダヴィッドと同い年であるが、それよりもはるかに若く見える。モデルと画家の間には直接的な接触があり、シエイエスの姿勢や表情からは、ダヴィッドが認識していたシエイエスの決意や頑固さについての印象を感じ取ることができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名エマニュエル=ジョゼフ・シエイエスの肖像
  • 英語名Portrait of Emmanuel-Joseph Sieyès
  • 分類絵画
  • 制作年1817年 - 1817年
  • 製作国ベルギー
  • 所蔵フォッグ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ98cm
  • 横幅74cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エマニュエル=ジョゼフ・シエイエスの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。