作品概要

アキレウスの怒り》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1819年から1819年で、キンベル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アキレウスの怒り》は、フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィッドにより1819年に制作された作品である。キンベル美術館に所蔵されている。

新古典主義の画家

典型的な新古典主義の画家、ダヴィッドの記念碑的な作品は、おそらく伝統的歴史画の最後の勝利だったといえる。ファッショナブルなグレコ・ローマン様式を採用したダヴィッドは、こうした古風な主題を啓蒙主義の哲学と混ぜ合わせ、道徳的な模範を作り出した。彼の直線は、当時の政治を反映した物語を劇的に描いた。ダヴィッドはまた、ドミニク・アングルやフランソワ・ジェラールといった弟子を抱えた重要なアトリエを運営した。

晩年期、ダヴィッドは古典的な歴史と神話の主題における人物描写において、より強烈かつ対照的な色調と、写実主義に対する新たな欲求を大きくした。本作は、ダヴィッド最後の歴史画のひとつである。

主題

ギリシャ王アガメムノーンが自身の若い娘イーピゲネイアを生け贄に差し出すこと対する英雄アキレウスの怒りは、元々は古代ギリシャの詩人エウリピデスの作品「アウリスのイピゲネイア」に登場するものであるが、ラシーヌの戯曲「イフィジェニー」を通じてダヴィッドの時代においてもよく知られていた。

アガメムノーンが娘を犠牲にするのは、女神アルテミスの怒りを鎮めるためであった。画面では、左にいるアキレウスが怒りで剣を抜こうとしている。アガメムノーンの妻であるクリュタイムネーストラーは、悲しみの表情で娘の肩に手を添えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名アキレウスの怒り
  • 英語名The Anger of Achilles, or Sacrifice of Iphigénie
  • 分類絵画
  • 制作年1819年 - 1819年
  • 製作国ベルギー
  • 所蔵キンベル美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ110cm
  • 横幅151cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • アキレウスの怒りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。