作品概要

自画像》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1794年から1794年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《自画像》は、フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィッドにより1794年に制作された作品である。ルーヴル美術館に所蔵されている。

投獄中に描かれた自画像

ダヴィッドは1784年に最初の自画像を描いた。ロベスピエールの失脚後に刑務所で描かれたこの作品は、おそらく他のものよりも完全に画家自身を表現している。

革命の時代に生きた画家であるダヴィッドは、1794年8月2日に逮捕された。ダヴィッドはおそらく絵を現実逃避として使用し、自身が画家であり政治家ではないという具体的な証拠として、拘留されている間に懸命に絵画制作をした。

鏡像

一人の弟子が絵の材料や鏡を持ち込んだことにより、ダヴィッドはこの二作目の自画像を描くことができた。この絵画では、ダヴィッドは筆とパレットを手に持ち、当惑と誠実の入り混じったまなざしで鑑賞者を見つめている。左の頬の腫れ(鏡像なので作品内では右頬)が特徴的である。画家は当時46歳であったが、それよりも若く見える。

深遠な自己内省を通した作品

この作品は、設定の特徴は若干脚色させるにとどめ、顔や手に集中して描くという肖像画の伝統にのっとっている。非常に現代的なスタイルと明快な塗りにより、ダヴィッドはレンブラントやティツィアーノの技法を再発見した。ダヴィッドがこの深刻で深遠な自己内省を通して偉大な画家の仲間入りを果たしたことは、偶然ではなかった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名自画像
  • 英語名Portrait of the Artist
  • 分類絵画
  • 制作年1794年 - 1794年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ81cm
  • 横幅64cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。