作品概要

円環フォルム:太陽No.1》は、画家のロベール・ドローネーによって制作された作品。制作年は1912年から1913年で、ヴィッヒスハーフェン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

円環フォルム初期作品

1912から1913年に制作された《円環フォルム:太陽No.1》は、ロベール・ドローネーの円環フォルム作品シリーズのうちの一作である。このシリーズでは、円環をテーマとした多くの作品が残されているが同年代に制作された作品も多いため明確な作品の順番というのは定かではない。

しかしながら、画家本人が作品タイトルに番号を記載しているものからは作品の順番が推測しやすいと言える。本作品にもタイトルに番号が付いているため、円環フォルムのシリーズの中では早い段階でこの作品が制作されたことが予測される。

色彩から探る作品

本作品は画面の右、右下、そして画面の中央から左端にかけて描かれた三つの弓形のフォルムと、画面の三分の二を占める大きな円形で構成されている。この一番大きな円形に使用されている円の上部の赤色と青色、また下段の黄色と緑色の組み合わせは《カーディフ・チーム》で使用された色彩の組み合わせと同じである。

《カーディフ・チーム》と《円環フォルム:太陽No.1》の制作年代が同じであるため、可能性として考えられるのは二つの作品が同時進行で近接して進められたのかもしれないということである。他のシリーズ作品も同時に制作されていた背景から、この二つの作品についても同時進行であった可能性が非常に高いといえるだろう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロベール・ドローネー
  • 作品名円環フォルム:太陽No.1
  • 英語名Circular Forms, Sun No. 1
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1913年
  • 製作国
  • 所蔵ヴィッヒスハーフェン美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩
  • 高さ100cm
  • 横幅81cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 円環フォルム:太陽No.1の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。