作品概要

スタニスワフ・ポトツキ伯爵の肖像》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1781年から1781年で、ヴィラヌフ宮殿博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《スタニスワフ・ポトツキ伯爵の肖像》は、フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィットにより1781年に制作された作品である。ワルシャワのヴィラヌフ宮殿博物館に所蔵されている。

モデルについて

スタニスワフ・コストカ・ポトツキ(1755年~1821年)は、最も有名なポーランド人貴族の一員であり、スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ王と関係していた。この若き伯爵は1779年から1780年の間にグランド・ツアー(ヨーロッパ旅行)を終え、重要な古美術品や絵画を集め、美術に多くのエネルギーを捧げた。1787年にはサロン批評を出版し、1815年にはウィンケルマンの「古代美術史」のポーランド語版を出版した。ナポレオン支配時代やその後の新王国において、彼は宰相であり、元老院議長だった。

制作の背景

口碑の伝えるところによれば、ポトツキとダヴィッドは、ナポリで狩りをしているときに出会った。当時、数は野生の馬を飼い慣らしており、それをダヴィッドがこうして不滅のエピソードに仕上げた。実際には、ポトツキがナポリを訪れたのは、ダヴィッドの旅の一年後である。

伯爵は1780年にローマで肖像画を注文し、それは翌年パリで完成した。若いポーランド人青年の野望は、一般的には王と戦士のために描かれていた乗馬姿での肖像画であることと、実物大で描くことができるように選択したキャンバスの大きさにおいて明らかである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名スタニスワフ・ポトツキ伯爵の肖像
  • 制作年1781年-1781年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ヴィラヌフ宮殿博物館 (ポーランド)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ304cm
  • 横幅218cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • スタニスワフ・ポトツキ伯爵の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。