作品概要

ヴィーナスと三美神に武器を取り上げられるマルス》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1824年から1824年で、ベルギー王立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヴィーナスと三美神に武器を取り上げられるマルス》は、フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィットにより1824年に制作された作品である。ダヴィッド最後の作品であり、彼の作品に関する最終的な陳述を意図したものである。

晩年の異色作

ベルギーへ亡命して健康状態が悪化したダヴィッドは、和解と平和への賛辞のような主題の選択へと誘惑された。愛の女神ヴィーナスは戦争の神マルスの腿に手をついている。主題はローマ神話から取られたものであり、塗りは線状で明快だが、画家の初期の有名な時期の作品とは根本的に異なっている。主人公であるマルスは、装飾的で幻想的な天上の空間に描かれ、横たわる女性ヌードの支配的な姿に取って代わられている。物語と構成は、どちらもより女性的である。

制作の背景

何年もの間、学者はこの作品をダヴィッドの才能の枯渇の一例とみなしていた。彼の後期作品は劣っていると非難され、しばしば真剣な議論から省略されてきた。しかし、ダヴィッドは、ロマン主義に傾倒して新古典主義を放棄した美術界との継続的関連を証明するために、最後の絵画において画風を改革することを選択した可能性がある。ダヴィッドの弟子であるドミニク・アングルは、物憂い女性ヌードのために注目を集めており、より多くの文学・想像上の主題を選んだ。この文脈で本作を考えれば、典型的な様式を超えて進化するために、晩年のダヴィッドの能力は、モダニズムとその絶え間なく変化する性質の中心に向かっているといえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名ヴィーナスと三美神に武器を取り上げられるマルス
  • 制作年1824年-1824年
  • 製作国ベルギー
  • 所蔵ベルギー王立美術館 (ベルギー)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ308cm
  • 横幅265cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴィーナスと三美神に武器を取り上げられるマルスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。