作品概要

円盤》は、画家のロベール・ドローネーによって制作された作品。制作年は1912年から1913年で、個人所蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

興味深いテーマ

本作品《円盤》は、円環フォルムのシリーズ作品のうちの一作である。ドローネーはこの作品を制作する際、色を重要視していたといわれている。その色彩は実に鮮やかであり、色のコントラストと調和がリズミカルに表現されている。

絵画を制作するにあたり色彩というのは普通、表現方法の一手を担うものとされるがドローネーはそう考えてはいなかったのである。少なくとも、この作品では色彩こそが作品のテーマでありメインであったのだ。単純な色調を画中に用いながらも、その単純さが作品の奥深さを見出しているのかもしれない。

実は、本作品は円環フォルムの作品シリーズの中で唯一他の作品とは似て異なるものだといわれている。その理由とは一体どこにあるのであろう。考えられることとすれば、ドローネーが色彩をテーマに選んだことなのかもしれない。そして本作品がひと際、異彩を放っていることは言うまでもない。

同時進行されていたシリーズ作品とは

実は1912年ころに、ドローネーは円環フォルムのシリーズだけでなくもう一つのシリーズ作品に取り掛かっていたのだ。そのシリーズというのが、プリズム色が特徴の窓をモチーフにした作品である。円を描いた作品を多く残しているドローネーであるが、実はその制作のほとんどが窓をテーマにしたシリーズ作品に費やされていたそうである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロベール・ドローネー
  • 作品名円盤
  • 英語名Premier Disque
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1913年
  • 製作国?
  • 所蔵個人所蔵 (?)
  • 種類油彩
  • 高さ81cm
  • 横幅100cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 円盤の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。