作品概要

婦人の寝室》は、画家のアレクサンダー・アーキペンコによって制作された作品。制作年は1914年から1915年で、フィラデルフィア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

絵画と彫刻の融合

《婦人の寝室》はアーキペンコにより1914年から制作が開始され、彼が呼んだ「絵画彫刻」(sculpto-paintings)の中でも力作として知られている。アーキペンコは多色使いによって構築された本作品において、キュビズム的なコラージュの原理を用いて絵画と彫刻の融合を生み出した。分断化された平面と、凹面と凸面の転換というスタイルは、ピカソ、ブラック、フアン・グリスといった画家たちの絵画に見られる類似のスタイルとの比較の対象となることもある。

作品中にみられる遊び心

本作中には風変わりなコラージュが見受けられる。それは、帽子をかぶり、身なりを整えたアーキペンコ自身の写真を用いたコラージュで、鏡を見ながら髪を整えるモデルの鏡台の上に置かれている。

「絵画彫刻」の探求

1910年代のパリでの活動期間内にアーキペンコは数々の「絵画彫刻」を制作した。鮮やかな色彩が施されたそれらの作品は、背景からわずかに隆起する浅彫の彫刻であったが、彼が絵画と彫刻の融合を目指す中で使用された媒体には実に様々なものが見られる。本作《婦人の寝室》では、鏡に映る自身と対峙する一人の女性の私的な一瞬が捉えられている。

アーキペンコの主題と様式

アーキペンコは、キュビズム彫刻における先駆者であり、彼の主題は伝統的なテーマである英雄たちや水浴びをする女などであったが、そこに多様な色彩と幾何学化された独自の様式によるモダニズムを投入したのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アレクサンダー・アーキペンコ
  • 作品名婦人の寝室
  • 制作年1914年-1915年
  • 製作国フランス
  • 所蔵フィラデルフィア美術館 (アメリカ)
  • 種類彫刻
  • 高さ45.7cm
  • 横幅30.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 婦人の寝室の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。