作品概要

テニスコートの誓い》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1791年で、ヴェルサイユ宮殿美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《テニスコートの誓い》は、フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィットにより1791年に制作された作品である。

巨大な未完成作の準備画

革命を起こした連帯の瞬間であるテニスコートの誓いの1周年を記念して、ダヴィッドは野心的なプロジェクトを開始した。その400×660センチという巨大なスケールは、ほぼ実物大の人物を描くことを必要とした。しかしこの作品は部分的なスケッチが残っているに過ぎず、巨大なキャンバスは未完成である。

ここで解説する準備画には、ジャン=シルヴァン・バイイとマクシミリアン・ロベスピエールを含む主要な指導者の描写が含まれている。

評価の割れた作品

歴史画は伝統的に絵画の最高位に分類されてきたが、描く対象は遠い過去に限られていた。このプロジェクトでは、現代史に焦点を当てている点が非常に画期的であった。しかしこの素描が展示されると、評価は割れた。ある支持者がダヴィッドを「熟練した筆の王」と呼ぶ一方で、革命の反対派は、反抗的暴徒の祝典に対する反逆のようであり、攻撃的であるとみなした。準備画の時点では、フランスは依然としてルイ16世の限られた権力のもとにあった。

政治的状況の変化

その状況は急転した。ダヴィッドが絵画に着手する準備ができた時には、政治情勢が激しく変わったのである。恐怖政治の夜明けとともに、この作品に登場した多くの人物が国家の敵とみなされ、すぐに処刑されることとなった。テニスコートの誓いは、もはや革命の歴史の祝福の瞬間ではなくなっていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名テニスコートの誓い
  • 英語名Oath of the Tennis Court
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1791年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ヴェルサイユ宮殿美術館 (フランス)
  • 種類ペン、インク
  • 高さ66cm
  • 横幅101.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • テニスコートの誓いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。