作品概要

ソクラテスの死》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1787年から1787年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ソクラテスの死》は、フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィットにより1787年に制作された油彩画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

ソクラテスの処刑と弟子の悲しみ

禁欲的な自己犠牲と尊厳の物語であるソクラテスの死を、ダヴィッドは崇高な行為として描き出した。刑務所にいる高齢の哲学者の筋肉質の体は、彼の道徳的かつ知的な適性を伝えるためのものである。彼はまっすぐに座り、どんな躊躇も不安もなく、毒を飲み干す準備をしている。彼の弟子が処刑に対する感情的な反応を示す間、ソクラテスの腕は最後の瞬間まで講義をするジェスチャーをしている。

プラトンの著作に基づいた作品

ダヴィッドは、プラトンの著作から抜粋をすることで、この作品を古典的な資料と結びつけた。しかし、《ホラティウス兄弟の誓い》のように、ダヴィッドは劇的な効果を得るために、場面を操作するための芸術的自由を得ている。彼はプラトンの記述に記されている人物の何人かを削除して、ソクラテスの高齢を理想化し、英雄的論理と知性のメッセージを鑑賞者に明確に訴えている。

権力に対する抵抗

緊張が高まっていた革命前のフランスにおいて、ダヴィッドの権力に対する抵抗の描写は急速に普及した。版画家ジョン・ボイデルは、有名なイギリスの肖像画家、ジョシュア・レノルズ卿へ宛てた手紙の中で、そのようなダヴィッド作品を「システィーナ礼拝堂とラファエロの間以来の芸術における最大の努力である」と主張している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名ソクラテスの死
  • 制作年1787年-1787年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ130cm
  • 横幅196cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ソクラテスの死の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。