作品概要

ホラティウス兄弟の誓い》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1784年から1785年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ローマの歴史物語

《ホラティウス兄弟の誓い》は、ローマ初期の歴史物語を描いている。左では、3人の若い兵士が祖国のために戦うことを父親に向かって誓いを立てている。彼らは団結しているようであり、その無私と勇気を強めるかのように、体のすべての筋肉は積極的に動いており、力強く表現されている。ホラティウス兄弟はアルバ・ロンガのクリアトゥス兄弟と戦い、都市間の領土紛争を解決した。彼らは家庭や家族のために命を捨て、死ぬまで戦うつもりである。

画面内の対比

ダヴィッドは彼らの道徳的な完全性を強調している。右側では、女性と子供がぐったりと座っており、感情や恐怖により圧倒されている。女性のうちの一人はクリアトゥス家の出身で、ホラティウス兄弟の一人と結婚した。一方、ホラティウス兄弟の妹は、クリアトゥス兄弟の一人と婚約していた。彼らはこの劇的な誓いを見て、夫や兄弟のどちらかが死に、彼らの忠誠心が分かたれることを理解している。ダヴィッドはこれらの2つの家族を並置することで、画面を男性と女性の役割に分けるだけでなく、勇敢と無私、恐怖と不安を対比させている。

道徳的教訓

この明確さは、構成と様式の重さにも反映されている。初期の芸術家たちがグレコローマンの物語を芸術の流行として掘り起こし始めた一方で、どんな画家もこうした物語をダヴィッドのような文体的ミニマルさ、シンプルさと結びつけることはしなかった。アーチで構成された書き割りのような背景は、家族よりも国への忠誠を誓うという本作の主題を壊すことはしない。画面の中のすべての人物と物体は、この中心的な道徳に寄与している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名ホラティウス兄弟の誓い
  • 制作年1784年-1785年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ329.8cm
  • 横幅424.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ホラティウス兄弟の誓いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。