作品概要

空気、鉄、水》は、画家のロベール・ドローネーによって制作された作品。制作年は1937年から1937年で、イスラエル博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

作品の構成とテーマ

イスラエル博物館に展示されている1937年の作品《空気、鉄、水》の中で、ロベール・ドローネーは以下の事がらを画中に盛り込んだとされている。それは、機関車とキュビストに影響を受け制作されたエッフェル塔そして同心円である。

これらを混合させてドローネーは作品を完成させた。そしてこの抽象絵画は《三美神》の形状を組み合わせて構成され、抽象的表現と写実的表現が調和されるように描かれた実に装飾的なものである。

作品背景と当時の想い

さて本作品が制作された1937年には、どのような時代背景とドローネーの来歴があるのだろうか。この年には国際博覧会が開催されており、ドローネーは本作品だけでなく連作の《リズム》の制作にも取り掛かっていた。多くの作品を手掛けるドローネーには、芸術に対してある想いがあったというのだ。

それは芸術は常に壮大であり、その壮大さにいつも野心を持って臨み、向き合うということであった。ドローネーはこうも述べている、「芸術家として手作りの職人として私は壁に革命を起こす。私は、決して人と芸術を区別しない。なぜなら私が芸術で家を建てるからだ」と。

このようにドローネーが述べた事がらからも、彼の芸術に対する情熱を感じることができる。常に情熱を持ち芸術と向き合い、その思いを制作にぶつけていたのであろう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロベール・ドローネー
  • 作品名空気、鉄、水
  • 英語名Air,Iron,and Water
  • 分類絵画
  • 制作年1937年 - 1937年
  • 製作国フランス
  • 所蔵イスラエル博物館 (イスラエル)
  • 種類油彩
  • 高さ97.4cm
  • 横幅151.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 空気、鉄、水の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。