作品概要

赤い太陽》は、画家のジョアン・ミロによって制作された作品。制作年は1950年から1950年で、フィリップス・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《赤い太陽》は1950年にスペインの画家ジョアン・ミロが製作した油絵である。

作家の画風

カタルーニャの芸術と文化は、ミロの創作に強力な影響を与え、遊び心のある溌剌さと彼の抜本的な力強さの両方に反映されている。そして彼がパリで受け表現した影響、すなわちパリの象徴主義とシュルレアリスムの詩、パウル・クレー、 キュービストの 構造規律との関係がこれらのインスピレーションに加えられる。

この融合は、素朴で精神的、感情的、霊感的、しかし普遍的な表現で独特のスタイルを育てた。ミロにとってこれらの側面はすべて重要だった。彼は「人間の感情の源を再発見する」べきだと感じていた。

1940年代には、音楽と夜間の空へのこだわりが、作品に謎と畏敬の念を抱かせる永続的な感覚をもたらしたミロの休みない想像力に、さらなる影響をもたらした。彼が日本の木版画家に触発されて描いたポール・エールラーの詩のためのイラストは、重い黒色の 「想像に広がる象徴」の書道効果に貢献しているかもしれない。

作品の背景

1940年代後半には、詩的なタイトルへの新たな関心が浮かび上がった。これはおそらくエリュアールとツァラの著述のためのイラストレーションからインスピレーションを受けていた。

1948年からのいくつかの作品は、《赤い太陽》のテーマとモチーフを共有している。《赤い太陽》を含むこの一連の絵を製作する直前に、ミロはまた、ニューヨークで有名なアメリカのアーティスト、アレクサンダー・カルダー、イヴ・タンギー、マルセル・デュシャンとの接触を再確立し、ジャクソン・ポロックと会っている。

ジャクソン・ポロックは、かつて伝統的な絵画に宣戦布告したことで有名で、ミロの抽象的なアイデアを刺激するのを助けた画家の1人である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名赤い太陽
  • 英語名The red sun
  • 分類絵画
  • 制作年1950年 - 1950年
  • 製作国不明
  • 所蔵フィリップス・コレクション (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 赤い太陽の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。