作品概要

海辺の邸宅》は、画家のアルノルト・ベックリンによって制作された作品。制作年は1871年から1874年で、シュテーデル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

象徴と幻想の画家

アルノルト・ベックリンは、その特性をひとつの表現でまとめられない点で、近代画家の間では珍しい存在である。当時の他の画家が過去の古典的歴史主題を振り返り、より顕著な抽象化を試みた一方で、ベックリンは、神話的なイメージや、劇的で贅沢なものに引き寄せられ、ルネッサンス依頼の芸術の歴史に身を浸した。結果として彼の作品は、キッチュと呼ばれそうに様式的で主題的な折衷主義と、絵画的な伝統との組み合わせとなった。

描写と効果

海に面した豪華な邸宅は、古い樹木の森に囲まれている。ベックリンは牧歌の魔法を怖し、それを裏返しにした。彼は場面全体に満ちる静かで示唆的、かつ憂鬱な雰囲気を作り出した。たとえば、海岸の黒い人影は、悲劇の中にいて動かないように見える。家は木々や茂みで覆われてしまいそうである。さらに、夜の光の中で燃える空には、暗闇が迫っている。

ベックリンは作品にアイデアを詰め込んで、その描写が伝える以上のものを意味する場面を作り出すように努めた。たとえばここでは、彼は不変かつ永遠の生命を持つ海を、腐敗して消えゆく人間と並置している。

永遠の前では儚い人間

この作品は、鑑賞者の大きな溜息を生み出すものとなっている。人間の生きた証は永遠に残らず、時がすべてを洗い流すことを意識させられる。同じことが、邸宅の屋根の彫刻によって象徴される芸術にも当てはまる。彼らも、破壊の力の餌食となる運命なのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名海辺の邸宅
  • 英語名VILLA BY THE SEA
  • 分類絵画
  • 制作年1871年 - 1874年
  • 製作国不明
  • 所蔵シュテーデル美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ108cm
  • 横幅154cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海辺の邸宅の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。