作品概要

海辺の城》は、画家のアルノルト・ベックリンによって制作された作品。制作年は1859年から1859年で、フォルクヴァンク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《海辺の城》は、ドイツの画家アルノルト・ベックリンにより1859年に制作された油彩画である。フォルクヴァンク美術館に所蔵されている。

邸宅シリーズの一作

《海辺の邸宅》は30年以上画家が描き続けた、いわゆる邸宅の絵画の1つである。この劇的な場面のために、ベックリンは直前に描いた壁画(1858年)のモチーフと構成を再利用している。約20年後、ベックリンは《海辺の邸宅》にて再びこのイメージに回帰し、死と悲しみ、欲望とうつろいに満ちたメランコリックで暗い雰囲気を描き出した。

記録された制作過程

1859年、イタリアへの旅の途中ミュンヘンにやって来た小説家フリードリヒ・テオドール・フィシャーが1914年に出版した旅日記には、ベックリンのアトリエでこの作品を見たことが記されている。

「アドリア海の海岸、美しい邸宅の下の庭園では、前景にいる海賊が女性をボートに向かって引っ張っている。そこでは、仲間の海賊2人がすでに縛られている少女を守っている。邸宅につながる暗い道には、死体が横たわっている。それは彼女を守るために死んだ女性の夫だろう。画家がバイロンの精神と調子の中に何か詩的なナレーションを提供したかったということは、見ればすぐに分かるだろう。絵を描く過程では、最初は人物が大きいがその後は小さくなり、数もかなり減少していった。暗い動きは最初は戦いの最中であることを意味していたが、その後それは生のための闘争へと変化した」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名海辺の城
  • 英語名Castle at the seaside (Murder in the Castle)
  • 分類絵画
  • 制作年1859年 - 1859年
  • 製作国不明
  • 所蔵フォルクヴァンク美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ112cm
  • 横幅177.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海辺の城の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。