作品概要

海にて》は、画家のアルノルト・ベックリンによって制作された作品。制作年は1883年から1883年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《海にて》は、ドイツの画家アルノルト・ベックリンにより1883年に制作された油彩画である。シカゴ美術館に所蔵されている。

独特な解釈に基づく神話画

アルノルト・ベックリンの作品は、印象派や同時代のアカデミック・アートとはほとんど共通点がなかった。代わりに、古典的な神話に主題を借りた自然主義的な場面での半神半人の描写は、独特かつ官能的な方法での解釈を通して行われた。

この《海にて》は、一連の神話主題の絵画の一部であり、不安定で素朴な現実感を示している。人魚とトリトンは、溢れんばかりのエネルギーで水の中を泳ぎ回っている。画面の中心を占めるのは、ハープを演奏するトリトンである。3人の人魚は、あたかも筏のように巨大なトリトンの体にしがみついている。肩の近くにいる人魚は、自分の体をトリトンに押しつけているようである。

与えた影響

本作の乱暴さ、騒々しさは、海のトリトンと人魚の奇妙な形の反射と、右から頭を出している大きな耳の生き物の奇妙さによって和らげられている。

古典的な世界に対する想像力豊かな奇妙な解釈に加えて、ベックリンは時折孤独な人物によって断絶された神秘的な風景を描いた。これらの印象的な後期作品は、彼を国際象徴主義運動の重要な貢献者とした。

また、シュルレアリスムの画家、特にジョルジョ・デ・キリコに影響を与えた。彼は、「ベックリンの作品はどれも衝撃である」と述べている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名海にて
  • 英語名In the Sea
  • 分類絵画
  • 制作年1883年 - 1883年
  • 製作国不明
  • 所蔵シカゴ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、板
  • 高さ86.5cm
  • 横幅115cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海にての感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。