作品概要

家の中の光景》は、画家のアンニーバレ・カラッチによって制作された作品。制作年は1582年から1584年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

母親の優しさが溢れる家庭内のワンシーンを描いた作品

17世紀に活躍したイタリアの画家アンニーバレ・カラッチによる《家の中の光景》は小さな二人の子供が猫を見ている間に家の炉端の小さな火の前で、子どものナイトガウンをかけて温めてあげている母親の優しさの溢れる家庭内のワンシーンである。

この様にとても親密な雰囲気は、カラッチ一族の一人である従兄弟のルドヴィコとカラッチの画期的なジャンルや絵画の研究の中でも目立つ特徴である。

炉端の火が発する光の表現が、色彩への魔法の様な効果を出す

《家の中の光景》では白い表面上に汚れたような形になって走るような、水っぽくて淡い薄塗りの扱いが吹き込まれているため、色彩に魔法の効果をもたらしているのである。火から発せられる光は、この絵画の構成上重要なポイントである。画家の塗り方の使用を定義するため、図法の思い切った習作として位置づけなければならないだろう。

複製され様々な場所で展示を繰り返す

18世紀に目利きのピエール・ジーン・マリエットのコレクションに属していた頃、フィレンツェの製版工場が茶色いインクで彫刻とエッチングを混合した方法で再製造しているのである。

この様なデザインは、モーリス・フォン・フライズとトーマス・ローレンスのコレクターの標的になり、メトロポリタン美術館に所蔵されている。1954年には美術史家のエリス・ウォーターハウスの提案によってイギリスのレスターで展示されていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンニーバレ・カラッチ
  • 作品名家の中の光景
  • 英語名A Domestic Scene
  • 分類絵画
  • 制作年1582年 - 1584年
  • 製作国イタリア?
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類チョーク画
  • 高さ32.8cm
  • 横幅23.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 家の中の光景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。