作品概要

花をまくフローラ》は、画家のアルノルト・ベックリンによって制作された作品。制作年は1875年から1875年で、フォルクヴァンク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

象徴と幻想の画家

アルノルト・ベックリンは、その特性をひとつの表現でまとめられない点で、近代画家の間では珍しい存在である。当時の他の画家が過去の古典的歴史主題を振り返り、より顕著な抽象化を試みた一方で、ベックリンは、神話的なイメージや、劇的で贅沢なものに引き寄せられ、ルネッサンス依頼の芸術の歴史に身を浸した。結果として彼の作品は、キッチュと呼ばれそうに様式的で主題的な折衷主義と、絵画的な伝統との組み合わせとなった。

ベックリンの作品は、時には大衆を魅了する力を持っていた。しかしそれらはまた、奇妙な主題を自然主義的表現と組み合わせることに興味を持った多くの近代画家の試金石ともなった。

平和と不穏の対照

ベックリンは1860年代の終わりにフィレンツェに住んでいた。そこでサンドロ・ボッティチェッリの作品に触発され、春のテーマに専念した。この作品では、ベックリンはアウグスティーナガッセの美術館の階段のために1869年に描いたフレスコ画のフローラを下地にした。しかし、彼は絵の中の女性を、小川のある風景の中へと移した。

フローラはさまざまな種類の花を散らしており、背後にある牧草地はすでにその花で覆われている。今にも嵐を呼びそうな空と、背景の風によって曲げられた木々は、穏やかにうねる流れに沿って花を散らすという穏やかなモチーフとは対照的である。これが象徴的な描写であることは明らかである。おそらく、画家の象徴的な描写の中には、普仏戦争が依然として影響を及ぼしていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名花をまくフローラ
  • 英語名Flora, Scattering Flowers
  • 分類絵画
  • 制作年1875年 - 1875年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵フォルクヴァンク美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、板
  • 高さ82.5cm
  • 横幅51.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花をまくフローラの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。