作品概要

ブレリオへのオマージュ》は、画家のロベール・ドローネーによって制作された作品。制作年は1914年から1914年で、バーゼル市立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

キーとなる作品

《ブレリオへのオマージュ》の作家ロベール・ドローネ―は実に影響力のある芸術家であった。1910年に行われたイベントでは一般の人々を作品を通して魅了するばかりでなく、フランス航空界の先駆者であるルイ・シャルル=ジョゼフ・ブレリオにも影響を与えていたといわれている。

そしてドローネ―が1914年に制作した本作品は、キュビズムと表現主義に携わる芸術家にとってキーポイントとなる作品であった。本作品は「同時」をタイトルとする他の抽象絵画作品と同様、叙情的な色彩を組み合わせて制作された。

他の芸術家に大きな影響を与えたドローネ―の作品であるが、その作品の特徴とはどのようなものなのだろうか。まず特徴として挙げられるのは、都市の技術的発展の描写がされていることであろう。そして、彼が題材に民衆の興味や関心、いわゆる話題性のあるものを選んでいる点が最大の魅力と推測される。

関連作品とその特徴

ドローネ―は、1912年から1914年ごろ明確な写実的モチーフを抽象絵画に取り入れて多くの作品を描いており、その作品の多くに同様の色彩表現が見られる。その表現とは、本作品の色彩表現にも見られるような叙情的に色を表すことであった。

また同年代の特に印象的な作品には、強烈でカラフルな色彩を用いて網膜上に花火を描いたものがいくつか存在している。色に強い関心とこだわりを見せていたドローネ―は、その後も自身の関心を追求し続けたのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロベール・ドローネー
  • 作品名ブレリオへのオマージュ
  • 英語名Homage to Bleriot
  • 分類絵画
  • 制作年1914年 - 1914年
  • 製作国
  • 所蔵バーゼル市立美術館 (スイス)
  • 種類油絵
  • 高さ250cm
  • 横幅251cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ブレリオへのオマージュの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。