作品概要

海賊の攻撃》は、画家のアルノルト・ベックリンによって制作された作品。制作年は1886年から1886年で、ヴァルラフ・リヒャルツ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《海賊の攻撃》は、ドイツの画家アルノルト・ベックリンにより1886年に制作された油彩画である。ヴァルラフ・リヒャルツ美術館に所蔵されている。

古典的風景を描いた画家

ベックリンは、当時および死後の批判にもかかわらず、19世紀後半に中欧で最もかつ影響力を持ったな画家の一人であった。彼の作品は、古典的な神話主題を豊かな想像力で独特に解釈した作風で知られている。彼の多大な成果の多くは、ファウヌスやニンフのような生き物や、人魚たちのエロティックな戯れのような場面がある古典的な風景から成っている。

彼の最も有名な作品である《死の島》は、死と自然主義と幻想世界の結合というテーマを除いて、ベックリン作品に典型的ではない。デ・キリコのようなシュルレアリストや画家は、その非合理性のために彼の作品を評価した。しかしベックリン作品は、1960年代から1970年代までは、真剣に捉えられてこなかった。

描写

ベックリンの絵画の中には、海沿いのイタリア式の邸宅というモチーフが1871年頃より繰り返し登場し始める。この作品では、邸宅は海賊の攻撃を受けている。

海面の低さから、邸宅は長い橋でつながれた島の険しい崖の上高くに見える。夕暮れ時(あるいは夜明け)、海賊は邸宅を海から攻撃している。邸宅の背後の黒い雲には、不気味な赤い光が見られる。

この作品が何かの物語を指しているのか、あるいはこの段階での彼の人生やキャリアを象徴しているのかどうかは不明である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名海賊の攻撃
  • 英語名Attack by Pirates
  • 分類絵画
  • 制作年1886年 - 1886年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ヴァルラフ・リヒャルツ美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ153cm
  • 横幅232cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 海賊の攻撃の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。