作品概要

ダイアナの狩り》は、画家のアルノルト・ベックリンによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

主題の物語

キャリアを通して、ベックリンは何度も神話主題に取り組んだ。この作品のインスピレーションは、ローマの詩人オウィディウスの「変身物語」からのエピソードである。主人公アクタイオンは、泉で水浴びをしている女神ダイアナを目撃してしまう。激怒したダイアナによりアクタイオンは雄鹿に変えられ、自分の猟犬によって食べられてしまう。ベックリンは、数人の猟師と猟犬を伴って弓で武装したダイアナと、すでに負傷している雄鹿を描いている。

伝統から逸脱した表現

アクタイオンとダイアナの物語は、ルネッサンス以来、、ティツィアーノの《アクタイオンの死》(1559~1575年)のような作品に見られるように、数多くの画家によって解釈されてきた。しかし、ベックリンの物語の解釈は独特で、奇妙なことに漫画的でさえある。ダイアナの誇張された姿勢と妖精のような繊細さは、高貴な森の女神の伝統的な表現とはいえない。さらに鹿の背中の傷に見えるような残虐さも、伝統からは逸脱している。それゆえ本作は、ベックリンがキャリアを通して磨きをかけた喜劇的グロテスクの美学のさらなる例といえる。

出生地バーゼルへの敬意

彼の死の数年前に描かれたこの作品は、故郷バーゼルで1858年に同じ場面の作品《英雄の風景(ダイアナの狩り》を制作するよう依頼を受けたベックリンの、感情的追憶の経過を表している。この後期作品は、ルネッサンスと新古典主義絵画の伝統へのオマージュであり、画家の出生地である街への敬意として見ることができる。

家にある絵画、高額で売りませんか?

アルノルト・ベックリンと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名ダイアナの狩り
  • 英語名Diana's Hunt
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国不明
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ99.5cm
  • 横幅200.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ダイアナの狩りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。