作品概要

牛肉》は、画家のシャイム・スーティンによって制作された作品。制作年は1920年から1920年で、個人所蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

スーティンはどんな人物なのか

スーティンはリトアニア系ユダヤ人地区の貧しい家庭で育ち、レンブラントに大きな影響を受け、パリのモンマルトルで絵を描いていた。彼の作品は賛否両論であり、時に不快に感じさせる作品もあった。しかしその作品は、近代絵画の伝統において重要な転換期に影響もたらしたのである。

フィラデルフィアのバーンズ財団のアルバート・バーンズが1920年代初期にスーティンの作品を50点近く購入したことで、その影響はさらに大きなものとなったのである。

牛肉シリーズ

この牛肉を描いたシリーズのオリジナルの9点のうち、3点だけが現存している。本作《牛肉》では、フランスとドイツの絵画様式の両方の要素を取り入れており、20世紀初期から後期にかけての芸術の変化が表れている。

これはまったく挑戦的な作品である。その感情はカンバス全体を満たしており、観る者を飲み込むかのようである。あらゆる意味で本能的であり、また深く象徴的なものでもある。

批評家ジルマンの評価

ジルマンは、このスタイルの絵を「本当にただの苦しい試練である。」と記している。スーティンがユダヤ人であるという事実によってさらに興味深いものとなっている。また当時の人体の描写は外側を強調しているが、対称的に本作は「内側について語りかける手法である」とジルマンは述べている。

変わり者で有名だったスーティン

スーティンは肉屋から牛のばら肉を購入し、腐敗するまでスタジオの肉用のフックに吊るしておいた。彼はずっとそれを吊るしておき、その肉の赤を維持するために血を全体にかけていた。当然のことながら、近隣住民はその悪臭に腹を立て、警察を呼んだ。そのためスーティンは肉に防腐剤を注射し、作品を描き終えたらその肉を深い穴に埋めたのだった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家シャイム・スーティン
  • 作品名牛肉
  • 英語名The Beef
  • 分類絵画
  • 制作年1920年 - 1920年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人所蔵 (不明)
  • 種類油絵
  • 高さ81cm
  • 横幅50cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 牛肉の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。