作品概要

フォークと野ウサギ》は、画家のシャイム・スーティンによって制作された作品。制作年は1924年から1924年で、個人所蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

スーティンの生き生きとした静物画

スーティンが静物画を描く際は、《果物のある静物画》(1919)のように一般的な構成での被写体を選ぶことは少なかった。《首を引き抜かれたガチョウ》(1932-1933)や《テーブルの上の二羽のキジ》(1926)のように、動物の死体を描くことも多かった。彼は明らかに、哀れみの中に本当の目的を見出していた。

シャルダンは死んだ家禽を描いたが、人々はまるでそれに手が届いて触ることができるかのように感じた。スーティンがそれを描くと、その壊れた様をよりもっと鮮やかに感じるのである。まるで観るものが自分でそれを殺めたかのように、その弱った様や消えていく暖かさも感じ取れるような作品になるのである。

分かりやすい隠喩の表現

本作《フォークと野ウサギ》では、スーティンは自身が執着した描写方法で、明確な隠喩を表した。彼は、フォークが象徴するように捕食者であり、その下により大きな現実という栄養が入っているかどうかを見る前に、現実を破って開ける準備をしている。

観るものを導くスーティン特有の画法

主題を誇張して表現することで、認識に対する非難や完結の多様性により、その主題が解放されるのである。躍動的な筆づかいを近くでよく見ると、視覚的に注目するべきポイントの道しるべとなっている。

遠くから見ると、空間的描写の正確さが、被写体の窮状を表している。テーブルクロスは野ウサギに同情するかのように、その限界まで広げられている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家シャイム・スーティン
  • 作品名フォークと野ウサギ
  • 英語名Hare with Forks
  • 分類絵画
  • 制作年1924年 - 1924年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人所蔵 (不明)
  • 種類油絵
  • 高さ66cm
  • 横幅64.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フォークと野ウサギの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。