作品概要

人影のある風景(1922年)》は、画家のシャイム・スーティンによって制作された作品。制作年は1922年から1922年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

スーティンは1893年にミンスクとヴィルナ近郊で生まれ20歳になるまで過ごし、その後1913年にパリに移り住んだ。

美術界におけるスーティンの役割

批評家であるバリー・シュワブスキーは、伝統的な原始主義から表現主義に芸術の流れが移行する中に、スーティンは居たとしている。その表現主義とは、パリを拠点としてはじまり、ゆくゆくは近代の抽象主義の創設へとつながる流れにつながっていく。

シュワブスキー曰く、1920年代初期まで、スーティンの作風は非常に攻撃的で激しい技法が多かったが、それ以降は流れが変わったとしている。

スーティンの特異性

彼はねじれてゆがんだ物の中に、極度な喜びを表現するのである。他の画家で、規律のない表現の中で彼ほど無邪気に転げまわることができる者がいるだろうか?

スーティンは作品において、多くのゆがみやねじれの風景を描いている。本作《人影のある風景》においても、それが当てはまる。本作はスーティンがセレを訪れたときに描いた風景である。これは、彼の作品がその抽象性と表現性のレベルがもっとも高くなったときの作品である。

生い立ちによる作品へ影響

スーティンが貧しかったり恋愛で失敗したり、家族のサポートがなかったりしたことを考えると、形をなくしたゆがみや奇妙にまだらになっている色味に何か意味があるのだろうと推測してしまう。そしてそれだけではない。その人影は伸びていて、椅子などの家具は形を成していないのである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家シャイム・スーティン
  • 作品名人影のある風景(1922年)
  • 英語名Landscape with Figures
  • 分類絵画
  • 制作年1922年 - 1922年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油絵
  • 高さ66cm
  • 横幅54.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 人影のある風景(1922年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。