作品概要

波間のたわむれ》は、画家のアルノルト・ベックリンによって制作された作品。制作年は1883年から1883年で、ノイエ・ピナコテークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

休暇中の出来事

ベックリンが生前に大きな名声を得るきっかけとなった作品の一つである《波間のたわむれ》は、古典的な主題への非礼な手法を示している。

波の中の人物は、ギリシア神話の海神トリトンをモデルにしているようだが、神話の中には描写された場面の由来となるエピソードは存在しない。代わりに、彼の友人である動物学者、アントン・ドールンが水中にもぐり、突然浮上して海水浴客の女性たちを驚かせたという、ベックリンが休暇中にイタリアの海岸で目撃した事件を思い起こさせるものになっている。トリトンの顔は、ドールンに基づいて描かれたとさえ言われている。

奇妙な混合物

このようにギリシャ神話を取り入れたこの作品は、単に軽薄なだけではない。色調は暗く憂鬱げで、女性の顔の驚きは十分に写実的である。したがって、鑑賞者は世俗的で不愉快、かつユーモラスなエネルギーに満ちた奇妙な混合物に直面することになる。本作を「今世紀最高の作品」と称したコルネリウス・グルリットを含む19世紀後半の多くの批評家が、この絵の喜劇的なグロテスクさに言及している。

喜劇的グロテスクの始まり

密な視点、壮大な古典的神話、そして軽薄な茶番の組み合わせは、ベックリンの美的階層とカテゴリー、さらには新古典主義画家としての彼自身の地位に対する非礼な手法の典型である。古典的な主題に基づいて、ベックリンは多くの表現主義作品で明らかな、その後のドイツ芸術の喜劇的グロテスクの伝統を創始した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名波間のたわむれ
  • 英語名Playing in the Waves
  • 分類絵画
  • 制作年1883年 - 1883年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ノイエ・ピナコテーク (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ180cm
  • 横幅238cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 波間のたわむれの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。