作品概要

ケンタウロスの戦い》は、画家のアルノルト・ベックリンによって制作された作品。制作年は1873年から1873年で、バーゼル市立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ミケランジェロ作品へのオマージュ

ベックリンは、当時拠点としていたミュンヘンでこの絵を完成させた。ミュンヘンでは、1870年代の初め、友人であり「貴公子画家」と呼ばれたフランツ・フォン・レンバッハと一部共同で活動した。レンバッハはその頃、詩人・美術収集家のアドルフ・シャックに雇われており、シャックはベックリンの主要なパトロンとなった。

この作品はミケランジェロによる未完成の大理石彫刻《ケンタウロスの戦い》(1492年)への明らかなオマージュとなっているが、その後の様々な芸術ジャンルに対応した形の様式を採用している。これは、ベックリンによって作られた多くの作品のうちの一つであり、ルネッサンス芸術の伝統的、神話的作品の再加工となっている。

さまざまな影響

シャックの美術コレクションは、主に18世紀以前の巨匠による作品の模写と、ドイツ人画家のオリジナル作品で構成され、すべてが個人ギャラリーに飾られた。ベックリンの時代の多くの画家が古い巨匠の作品を模写したものの、シャックなどの収集家から収入を得るために、ベックリンはこの作品を制作する際にさまざまな絵画の伝統を組み合わせ、典型的で軽々しい手法を採用した。

例えば、ケンタウロスのメロドラマ的な姿勢は、ドラクロワの伝統によるロマン主義絵画と、ベックリンがローマで吸収したバロック様式の影響が見られる。暖色系の色調は、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒのようなドイツのロマン主義風景画家を連想させる。

この作品は広く展示され、ドイツの大衆に大いに愛された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名ケンタウロスの戦い
  • 英語名Battle of the Centaurs
  • 分類絵画
  • 制作年1873年 - 1873年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵バーゼル市立美術館 (スイス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ105cm
  • 横幅195cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ケンタウロスの戦いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。