作品概要

バラを持った女性の習作》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1763年から1765年で、大英博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《バラを持った女性の習作》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって制作された素描である。大英博物館に所蔵されている。

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

白と黒のコントラスト

この大きなサイズの素描では、右手にバラを持った女性の横顔が描かれている。彼女の顔立ちは広々とした帽子の下に見えるが、本作の目的は衣服のひだと、肖像画のポーズの探求のようである。ロングスカートの下に優雅に置かれた彼女の片足は、カジュアルで魅惑的な方法で持ち上げられ、衣装の複雑な層を明らかにしている。

白いチョークは、レースの袖とエプロン、上着に落ちる光を描き、さらに首の真珠のチョーカーやバラの花びらを強調するために使用されている。黒いチョークは、ひだの形の陰影としっかりした輪郭に強いコントラストを与えている。

準備画の可能性

多くの学者は、この繊細に描かれた女性はハウ伯爵夫人メアリーの美しい肖像画のための準備画ではないかと指摘している。彼女は同じ帽子、真珠のネックレス、レースのドレスを着用している。人物の引き延ばされた身長と長い四肢は、生のモデルではなく、衣装を着た人形から描かれた故のものかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名バラを持った女性の習作
  • 英語名Thomas Gainsborough, Study for a portrait of a Lady with a rose, a drawing
  • 分類絵画
  • 制作年1763年 - 1765年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵大英博物館 (イギリス)
  • 種類チョーク、紙
  • 高さ46.4cm
  • 横幅33cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • バラを持った女性の習作の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。