作品概要

暗い風景(スタンパ)》は、画家のアルベルト・ジャコメッティによって制作された作品。制作年は1952年から1952年で、ジャコメッティ財団に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《暗い風景(スタンパ)》は、スイス出身の20世紀の彫刻家であり、画家でもあるアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966)が1952年に制作した油彩画である。本作は画家の生存時、1965年にイギリスのロンドンと、デンマークのハルムビークで開催された回顧展で展示された。《暗い景色》というタイトルで制作年は1952年とされていた。

スタンパのアトリエ

ジャコメッティは、スタンパのアトリエからの景色を繰り返し描いた。1952年に描かれたうち、少なくとも6作品は、同一テーマ、同一スタイル、同一トーンになっている。明るさはそれぞれ違ったが、いつも同じ暗いトーンだった。明るさや色よりもイメージからくる構図に注意を払っていた。

「アトリエのドアから見た眺めが眼下にこびりついてはなれない。窓やドアから見える景色の先の風景を見ることができないのだ」と1952年に述べている。画家は、アトリエのガラスのドアから見た眺めをそのまま描いている。カンバスにもドアの枠が太い黒い描線で示されている。

グレー1色

色が単色になっていることをジャコメッティは、構造と色彩を同時に考えるのは不可能だからだ、と語っている。だが、「キャンバスにグレーの絵の具をのせてからが、本物の絵描きといえよう」というセザンヌのことばが脳裏にあったにちがいない。

また、1958年には、美術史家のゴッタルド・ジェドリッカに「すべてがグレーに見えていて、それを表現したいのに、なぜグレー以外の色を使う必要があるのか」と語っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルベルト・ジャコメッティ
  • 作品名暗い風景(スタンパ)
  • 英語名Dark Landscape [Stampa]
  • 分類絵画
  • 制作年1952年 - 1952年
  • 製作国スイス
  • 所蔵ジャコメッティ財団 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ42.6cm
  • 横幅53cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 暗い風景(スタンパ)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。