作品概要

スティル・ライフ・ウィズ・パロット》は、画家のロベール・ドローネーによって制作された作品。制作年は1907年から1907年で、?に所蔵されている。

詳細な画像を見る

大きな影響とその後の変化

ロベール・ドローネ―の芸術キャリアは、印象派からの影響を受けたことから始まる。印象派からドローネ―は光を学び、画中にその描き方を取り入れていったのである。それに続きドローネ―は、ポン=タヴァン派の大胆な表現スタイルに影響を受けていく。

1905年に開催されたサロン・オードでドローネ―は、新印象派の作品を目にすることとなる。そして、明るいキャンバスが実に印象的であったフォービズムの作品からもドローネ―は刺激を受け彼は作品に反映させていく。その中でも、シャニックの点描表現からの影響は大きくドローネ―は色を純粋に、そして大胆に作品を表現していくきっかけとなった。

作品制作に大きな影響を受けた1905年の翌年には、本作品で見られるような小さなキューブ、点を使用して描く点描スタイルへとドローネー絵画は変化を遂げていった。

新たな手法との出会い

1906年から1907年のドローネ―絵画には、点描絵画作品が多く見られる。この頃の点描で制作された絵画は実に劇的であり、画面からはその活気が伝わるものばかりだった。この手法以外にも《スティル・ライフ・ウィズ・パロット》は、ある人物の影響を受け制作されている。その人物というのが、彼の長老2年のジャン・メッツァンジェである。

ドローネ―と彼は共に色彩の科学論文に目を通し、印象派の表現を自身の画風に盛り込んでいったのである。つまり1907年制作の本作品は印象派からの影響と、ドローネ―の研究された色彩表現が混在する作品であるといえよう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ロベール・ドローネー
  • 作品名スティル・ライフ・ウィズ・パロット
  • 英語名Still- life with Parrot
  • 分類絵画
  • 制作年1907年 - 1907年
  • 製作国
  • 所蔵? (?)
  • 種類油絵
  • 高さ62cm
  • 横幅51cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • スティル・ライフ・ウィズ・パロットの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。