作品概要

ラウンズ・ストーン夫人の肖像》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1775?年で、グルベンキアン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

洗練された肖像画

この作品は、1775年7月15日に、エリザベス・ガースと彼女のいとこウィリアム・ラウンズ・ストーンとの結婚を記念するために作られたものである。本作は、イングランド国王チャールズ1世の主席宮廷画家であったヴァン・ダイクによって1630年代にイギリスにもたらされた、洗練された全身肖像画の伝統に従っている。

細長い姿の彼女は、サーモン・ピンクのシルクドレスと金のフリンジを持つ透明なガーゼのショールを身に着けている。彼女は現地の人々の嗜好に大きくアピールするように、風景に囲まれて自然に歩いている姿で描かれている。

イギリス女性の美を描き出した画家

洗練された肖像画の様式とモデルのくだけた姿勢の間には対立はない。逆にこの作品は、肖像画というジャンルにおける画家の最高の作品を特徴付ける自発性を持っている。同じ時期にゲインズバラが描いた他の女性の肖像画と似ているものの、他に類を見ない洗練さが際立っている。この理由から、本作はゲインズバラが描いた最も美しい肖像画の1つと考えられている。ゲインズバラは、「イギリス女性の理想的な解釈者」と一般に信じられていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名ラウンズ・ストーン夫人の肖像
  • 英語名Portrait of Mrs Lowndes-Stone
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1775?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵グルベンキアン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ232cm
  • 横幅153cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ラウンズ・ストーン夫人の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。