作品概要

赤いドレスを着たキャロライン》は、画家のアルベルト・ジャコメッティによって制作された作品。制作年は1964年から1965年で、ジャコメッティ財団に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《赤いドレスを着たキャロライン》は、スイス出身の20世紀の彫刻家であり、画家でもあるアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966)が1964から1965年にかけて制作した油彩画である。

モデルのキャロライン

ジャコメッティとキャロラインは1958年にモンパルナスの酒場で出会った。1960年から、娼婦であったキャロラインは酒の席でジャコメッティの隣にすわるようになり、その後も画家が生涯を終えるまでいつもそばにいた。

ジャコメッティはキャロラインをモデルにした肖像画を少なくとも30点、1961年には胸像を制作している。数年前から親交のあった日本の哲学者、評論家である矢内原伊作の肖像画に端を発する絵画の新たな探求を試みていた。キャロラインの肖像画のシリーズはその集大成ともいえるだろう。

異例の赤

1960年代には、ジャコメッティが本作の赤いドレスのような明るい色使いはきわめて珍しい。1964年末から1965年初頭に、少なくとも5点のキャロラインの肖像画を残している。

しかしながら、画家にとってはドレスの色は二の次で、顔の輪郭の特徴を捉えることに集中していた。画面の他の部分より、漆黒の線で顔をかたどっている。黄土色一色で塗られた背景はおそらくアトリエであろうが、ほとんどそれとはわからない。頭部はかなり時間をかけて取り組んだのか、その部分だけ絵の具が厚く塗られている。描き続けているうちに、はじめのほうの描線が消された跡がある。

本作には画家による署名も日付の記載もない。1965年にイギリスのロンドンとデンマークのハムルビークで開催された回顧展では、《赤いドレスを着たキャロライン》というタイトルで展示された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルベルト・ジャコメッティ
  • 作品名赤いドレスを着たキャロライン
  • 英語名Caroline in a Red Dress
  • 分類絵画
  • 制作年1964年 - 1965年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ジャコメッティ財団 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ92cm
  • 横幅65.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 赤いドレスを着たキャロラインの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。