作品概要

グラハム夫人》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1775年から1775年で、スコットランド国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

美しい肖像画

描かれているのは、エカチェリーナ2世の大使であった第9代キャスカート男爵の娘、メアリー・キャスカートとして生まれた。彼女は1774年にパースシャー州の土地所有者トマス・グラハムと結婚し、1787年にパースシャー州メスベン近郊のリンドックハウスを購入した。トマスと結婚して間もない18歳の彼女を描いた本作は、1777年にロイヤル・アカデミーに展示された際、当時の美のアイコンとして多くの注目を集め、高く評価された。

これは、ヴァン・ダイクの伝統にのっとった肖像画において、ゲインズバラの全身肖像画の最高傑作の1つである。コスチュームとアクセサリーは意図的に17世紀のファッションを反映しており、グラハム夫人のエレガントな美しさを高めている。

モデルの早すぎる死

彼女はその後結核に侵され、ポルトガルとフランスにおいて療養するが、1792年にわずか35歳で死亡した。妻の早すぎる死により打ちのめされたトマス・グラハムは、彼女の妹に本作を渡した。その子孫の一人が、スコットランドから決して出さないという条件で、本作を国立美術館に遺贈した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名グラハム夫人
  • 英語名The Honourable Mrs Graham
  • 分類絵画
  • 制作年1775年 - 1775年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵スコットランド国立美術館 (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ237cm
  • 横幅154cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • グラハム夫人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。