作品概要

チェスターフィールド伯爵夫人アンの肖像》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1777年から1778年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

しかし、彼の最も影響力のある作品は、近代のロマン主義画家によって引き継がれることになる、農村の田園地帯における理想的な牧歌的生活を描いた作品であった。その画期的な能力と情熱のために、彼はイギリスの画壇に大きな影響をもたらし、国の重要な画家として評価された。

描写

アン・シスルウェイト(チェスターフィールド伯爵夫人)は、左腕を台座に乗せ、思索にふけっているようである。彼女の背後には密集した葉の風景があるが、画面の右半分では彼女の土地を遠くから見渡すことができる。金のフリンジで飾られた薄いベージュのショールは、背中と肩の周りをゆるやかに包み込み、繊細な白い靴が華やかな青いサテンのガウンの下に見える。彼女のファッショナブルなアップの髪と襟ぐりの深いガウンは、首から胸への優雅な曲線を表している。

効果

ゲインズバラが描いたイギリス貴族の多くの肖像画の中で、この大きな作品は、非常に緩やかで自由に描かれた例として際立っている。彼は葉や背景の空を描写するのに使われた大きな筆遣いで即時感を描き出している。短く湾曲した筆遣いが木の幹を形成し、青と白の長いストロークはドレスの生地を輝かせている。ショールに使われた白と金の小さな点は、ちらちらと光る効果を与えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名チェスターフィールド伯爵夫人アンの肖像
  • 英語名Portrait of Anne, Countess of Chesterfield
  • 分類絵画
  • 制作年1777年 - 1778年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ219.7cm
  • 横幅156.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • チェスターフィールド伯爵夫人アンの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。