作品概要

田舎家の戸口》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1778?年で、シンシナティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《田舎家の戸口》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1778年頃に制作された油彩画である。シンシナティ美術館に所蔵されている。

貧しい人々の場面

キャリアの後半、ゲインズバラは「田舎家の戸口」を主題にいくつかの重要な絵を描いている。批評家は、この絵をゲインズバラの母国への愛情の証として、また社会史の記録として解釈してきた。

こうした絵画は、田舎の貧しさを上品かつ衛生的なイメージに変えたものとして鑑賞され、貧しい人々の暮らしを見ることに関心のない裕福なパトロンへの訴えにもなっていた。17世紀のスペインの画家バルトロメ・エステバン・ムリーリョによる貧しい子供たちの情感的な描写は、ゲインズバラの時代には特に人気があった。ムリーリョの作品は、イギリスの画家の描く農家の子どもたちがはしゃぐ場面に大きな影響を与えた。

農事詩に相当する視覚芸術

《田舎家の戸口》は、ゆるやかに薄く塗られた葉や、ほうき、鉢、薪の束、生き生きとした人々の明るい物語の細部を随所に組み合わせている。この作品は、ゲインズバラの時代に人気があった、農事文学に相当するものである。田園地方の人々が自由気ままに暮らす牧歌的文学とは異なり、農事詩は、休憩と娯楽が勤勉の報酬であった土地を描いている。この点は、田舎の貧民が毎日集めなければならない薪の大きな束を運んで、幸せな家に帰ってきた少年により表されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名田舎家の戸口
  • 英語名The Cottage Door
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1778?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵シンシナティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ122.6cm
  • 横幅149.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 田舎家の戸口の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。