作品概要

曲がりくねった道を行く荷車》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1760年から1765年で、大英博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

制作の背景

ゲインズバラは、サフォークで初期の数年を過ごした後は、特定の場所を描くことはめったになかった。彼は、自然のより喚起的で詩的な解釈を開発した。この素晴らしい水彩画は、おそらく温泉を訪れる人々の肖像画を描くために、1760年から住んでいたバース周辺の田園地帯で制作されたラフ・スケッチに基づいている。

ヴァン・ダイクの影響

黒いチョークの上に水彩で塗られ、白の顔料で高められたこの作品の最も顕著な特徴は、キアロスクーロ(明暗法)である。光は、道、木々の間の馬を照らしている。フランドル派の風景画家、特にヴァン・ダイクの作品についての画家の研究が、ここでは明らかになっている。ゲインズバラはヴァン・ダイク作品に深い敬意と理解があった。ゲインズバラの死に際の言葉は、「私たちはみな天国に行き、ヴァン・ダイクに会える」であったと言われている。

彼は田舎を離れて1774年にロンドンに定住した後も、多くの風景画を描き続けた。ガラス、小枝、ブロッコリー、小石などをアトリエに配置し、しばしば蝋燭やランプで照らされた架空の風景を作り上げた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名曲がりくねった道を行く荷車
  • 英語名Thomas Gainsborough, A cart passing along a winding road, a watercolour
  • 分類絵画
  • 制作年1760年 - 1765年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵大英博物館 (イギリス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ23.7cm
  • 横幅31.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 曲がりくねった道を行く荷車の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。