作品概要

エリザベス・ロッテスリー》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1764?年から1765?年で、ビクトリア国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《エリザベス・ロッテスリー》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1746年頃から1765年頃にかけて制作された油彩画である。ビクトリア国立美術館に所蔵されている。

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

制作の背景

19歳前後のエリザベス・ロッテスリーの肖像画は、フランシス・ヘイマンとユグノーの版画家ユベール・フランソワ・グラヴロの下で絵画修業をした画家の、フランスの影響を反映している。

1760年代、ゲインズバラは温泉街のバースで成功を収めた。健康状態が悪い時、ゲインズバラは受ける依頼を減らし始めたが、モデルのおじであるベッドフォード公爵に会った際、彼は「ベッドフォード公のために何かをするという栄誉に抵抗することはできません」と述べた。

モデルについて

ゲインズバラは当時、ロッテスリー家・ベッドフォード家の肖像画を多く制作している。当時、彼らは休暇でバースを訪れていたと仮定されている。描かれているモデルとして、エリザベスとその妹がいる。

その美しさで知られていたエリザベス・ロッテスリーは、1769年にイギリスの首相、グラフトン公爵と結婚した。ウォバーン・アビーのベッドフォード公爵のコレクションには、若干異なる姿勢でエリザベスを描いた関連作品がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名エリザベス・ロッテスリー
  • 英語名Elizabeth Wrottesley, later Duchess of Grafton
  • 分類絵画
  • 制作年1764?年 - 1765?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ビクトリア国立美術館 (オーストラリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ76.1cm
  • 横幅63.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エリザベス・ロッテスリーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。