作品概要

サフォークの風景(1750年代)》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1750?年から1755?年で、キンベル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サフォークの風景(1750年代)》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1750年頃から1755年頃にかけて制作された油彩画である。キンベル美術館に所蔵されている。

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

オランダ絵画の影響

ゲインズバラは、そのキャリアの初期から風景画に対する情熱を持っていた。彼が出生地のサフォークで描いたこの作品は、イギリス市場でますます入手しやすくなっていたオランダの17世紀の風景画への画家の称賛を示している。ゲインズバラはそれらを復元、模写し、後に収集した。

この景色の全体的な雰囲気は、ヤーコプ・ファン・ロイスダールや他のオランダ人巨匠の作品に由来している。ゲインズバラがオランダ人画家ヤン・ワイナンツの作品に精通していることは、落葉樹、轍のある道で休憩する旅行者、注意深く観察された植物などのモチーフの中で特に顕著である。

平和な田舎の風景

こうした初期の風景画が特定の場所を描いたものであるのかどうかは大いに議論されてきたが、明らかにゲインズバラはイギリスの田舎の平和な恵みの中に、真の喜びを描き出している。この新鮮で繊細な風景は、ジョン・コンスタブルを含む後の世代の風景画家に影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名サフォークの風景(1750年代)
  • 英語名Suffolk Landscape
  • 分類絵画
  • 制作年1750?年 - 1755?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵キンベル美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ63.8cm
  • 横幅76.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • サフォークの風景(1750年代)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。