作品概要

サフォークの風景(1740年代)》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1746?年から1750?年で、美術史美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《サフォークの風景(1740年代)》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって1746年頃から1750年頃にかけて制作された油彩画である。美術史美術館に所蔵されている。

制作の背景

「グランド・ツアー」(ヨーロッパ大陸巡遊旅行)がイギリスの貴族や中流階級の必要不可欠な要素となっていた時代に生きていたゲインズバラは、決して母国を離れることはなかった。彼はオランダ風景画の重要な例を十分に学ぶ機会を、イギリス国内で得ていた。

羊毛職人であったジョン・ゲインズバラの息子である彼は、数年の訓練を経て1744年にロンドンに自身のアトリエを持ったが、2年後にはイプスウィッチに移った。そこで彼はイギリス貴族から最初の肖像画の依頼を受けた。またイプスウィッチでは、本作を含む風景画の連作を描いた。

描写と特徴

左にある浅い池は雄大な木々に囲まれており、そこに通じる曲がりくねった道の景色は、オランダ絵画の伝統的なモチーフである。小さな地平線だけが見え、それは中心に置かれた小屋によってさらに狭められている。景色の上に立ち上がる暗い雲の形と色は、下に横たわる風景の基本的な色調に対応している。池は空の青を反映している。道の側面にいる小さな人物の明るい赤の衣服のみが、統一された色調の仕組みを乱している。

顕著なのは、塗装が施されたロココ様式の明るさと敏捷性である。ヤーコプ・ファン・ロイスダールの重い「英雄的な」風景画とは対照的に、この作品は「エレガントでカジュアル」であり、イギリスの貴族主義の特徴に沿ったものとなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名サフォークの風景(1740年代)
  • 英語名Landscape in Suffolk
  • 分類絵画
  • 制作年1746?年 - 1750?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵美術史美術館 (オーストリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ66cm
  • 横幅95cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • サフォークの風景(1740年代)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。