作品概要

テーブル》は、画家のシャイム・スーティンによって制作された作品。制作年は1919年から1919年で、オランジェリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

常識を覆す静物画

この静物画は、伝統的な物体が被写体になっている。コーヒーポット、瓶、くだものかご、肉の塊などである。しかし、その描き方は驚くべきものである。本作では、物が本当にダンスをしているのを目撃することができる。これは完全に私たちの知覚における常識を乱すものである。

個性的な技法

テーブルは右側にカーブを描いて曲がっていて、その上の物体はそこにただ置かれるのではなく、伸びたりねじれたりして、さらには立ち上がっているかのようにテーブルの上で浮かんでいるのである。左側の肉だけが、例外的にその重みでどっしりとその場にとどまっているかのようである。

くだものかごはバランスを失い、もはやコーヒーポットは何の上に置いてあるかすら分からない状態である。鹿肉の脚に関して言えば、ほんの一点だけでテーブルに置かれているかのように見える。

色彩の効果

肉の塊は、神経質な筆づかいと曲線で描くことで生命力を持ち、血の赤い色味を強調する役割を果たしている。緑のテーブルには、おかしなことにその左側には何も置いておらず、背景のさらにぼんやりした緑色の効果で、血の赤い色味を引き立たせているのである。

*シャイム・スーティン(1893年1月13日-1943年8月9日)は、ロシア系ユダヤ人で、その多くをフランスで過ごした。彼はパリ在住の間、表現派の活動に大きく貢献した人物である。レンブラント、シャルダン、クールベなどのヨーロッパの伝統的な絵画から影響を受けつつ、描写の形や色、質感などについて独特のスタイルを確立し、伝統的手法と抽象的表現主義の形成の間の架け橋の役割を担った。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家シャイム・スーティン
  • 作品名テーブル
  • 英語名The Table
  • 分類絵画
  • 制作年1919年 - 1919年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オランジェリー美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ91cm
  • 横幅100cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • テーブルの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。