作品概要

ジェームズ・クリスティーの肖像》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1778年から1778年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

モデルについて

魅力的で説得力のある演説家、ジェームズ・クリスティーは、ロンドンに彼の名前を冠したオークションハウスを設立したことで知られている。彼は、この肖像画を描いたトマス・ゲインズバラの隣人であり、親しい友人だった。

ゲインズバラは、教養のある競売人が画家自身の風景画にもたれかかり、右手に紙、おそらくオークションのリストを持っている場面を描いた。クリスティーは、茶色のフロックスーツ、白いリネンシャツ、フォーマルなかつらを身に着けている。彼の左手の小指には認め印付きの指輪があり、それとは別に2つの印鑑が腰につけた時計から垂れ下がっている。彼の衣装と装身具は、1770年代の洗練された英国紳士にふさわしいものである。

不朽の肖像画

ジェームズ・クリスティーの肖像画は、1846年に売却されるまで、ロンドンのクリスティーズ・オークションハウスの名誉ある場所に飾られていた。オークションハウスは、美術収集家、美術商、上流階級の人間の集会所だった。肖像画はこの競売人を不朽にし、イギリスの最も有名な肖像画家の1人であったゲインズバラとの関係を永続させた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名ジェームズ・クリスティーの肖像
  • 英語名Portrait of James Christie
  • 分類絵画
  • 制作年1778年 - 1778年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ126cm
  • 横幅101.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジェームズ・クリスティーの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。