作品概要

セントジェームズパークの木陰道》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1783年から1783年で、フリック・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《セントジェームズパークの木陰道》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって、1783年に制作された油彩画である。フリック・コレクションに所蔵されている。

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

画家の自宅近くの風景

ゲインズバラはロンドンの住宅から近くのセントジェームズパークを眺めたり、アトリエで視覚補助として模型の風景や人形を使い、この場面を観察し、また思い浮かべることができた。現在この木陰道は、バッキンガム宮殿から来た女王が馬車から降りる広大な道となっている。

描写

描かれた年である1783年に批評家によって「非常にすばらしい」「壮大」と述べられたこの作品は、背景や純粋な風景を伴う通常の肖像画ではなく、代わりに美しい公園の広い道に沿って無理なく飾るように示された、リズミカルに配置された人物の複雑なデザインを持っている。空は晴れており雲がなく、遠くの木々は穏やかな風に揺れているように見え、すべての人物は若くエレガントで気ままである。当時の言葉で言えば、人物たちは、「女性の扇のように皆ひらひらして」いた。

この並外れた絵のインスピレーションとして最も頻繁に引用された画家は、七十年前に理想化された庭園で遊ぶエレガントな人物のいる場面を描いたフランスの画家、アントワーヌ・ヴァトーであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名セントジェームズパークの木陰道
  • 英語名The Mall in St. James's Park
  • 分類絵画
  • 制作年1783年 - 1783年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵フリック・コレクション (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ120.6cm
  • 横幅147cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • セントジェームズパークの木陰道の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。