作品概要

ディアナとアクタイオン》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1785年から1788年で、ロイヤル・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

しかし、彼の最も影響力のある作品は、近代のロマン主義画家によって引き継がれることになる、農村の田園地帯における理想的な牧歌的生活を描いた作品であった。その画期的な能力と情熱のために、彼はイギリスの画壇に大きな影響をもたらし、国の重要な画家として評価された。

画家唯一の神話画

この絵は、1797年にゲインズバラ・デュポン(画家の甥)のアトリエから購入されたものである。おそらく1788年の画家の死の際、ゲインズバラのアトリエにあったものだと思われる。完成したスケッチ、もしくは未完成の絵画であるが、おそらく後者である。

これはゲインズバラ作品の中で唯一残っている神話画である。素描的な技法は、ルネサンス期の画家ティツィアーノを思い起こさせ、また印象派を予期してもいる。物語は、オウィディウスの「変身物語」第III部に由来している。アクタイオンは、裸のディアナとニンフを見てしまう。罰として、ディアナは彼の顔に水をかけ、自分の猟犬に狩らせるために雄鹿に変えた。

ゲインズバラはティツィアーノのように変身の理想を探求している。アクタイオンは人間から獣に変わる。他の人物も同様に、自然界の資質を借りているように見える。白い体は柔らかく水のように流れ、髪は葉のように豊かである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名ディアナとアクタイオン
  • 英語名Diana and Actaeon
  • 分類絵画
  • 制作年1785年 - 1788年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ロイヤル・コレクション (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ158.1cm
  • 横幅188cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ディアナとアクタイオンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。