作品概要

モリニュー子爵夫人イザベラ》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1769年から1769年で、ウォーカー・アートギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

しかし、彼の最も影響力のある作品は、近代のロマン主義画家によって引き継がれることになる、農村の田園地帯における理想的な牧歌的生活を描いた作品であった。その画期的な能力と情熱のために、彼はイギリスの画壇に大きな影響をもたらし、国の重要な画家として評価された。

卓越した技量で描かれた肖像画

ハリントン伯爵の娘、イザベラ・スタンホープは、1768年11月にクロックステス・ホールのモリニュー子爵と結婚した。その後夫婦はバースに行き、子爵夫人はそこに住んでいた偉大な画家により肖像画となった。ゲインズバラはロンドンに新しく設立されたロイヤル・アカデミーの会員になったばかりであり、この肖像画でロンドンの鑑賞者に印象を与えようとした。

人物のスケールと配置は、彼女の上品さと喜びの手触りを感じさせる。ゲインズバラは、ドレスの生地や細かく観察されて見事に描かれた手に、惜しみなく技量を使っている。この卓越した技量の下には、慎重さと入念があり、それらが上流階級の人々を描いたゲインズバラによる他の肖像画とこの作品を、はっきりと区別している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名モリニュー子爵夫人イザベラ
  • 英語名Isabella,Viscountess Molyneux, later Countess of Sefton
  • 分類絵画
  • 制作年1769年 - 1769年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ウォーカー・アートギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ236cm
  • 横幅155cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • モリニュー子爵夫人イザベラの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。