作品概要

》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1786?年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《橋》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって、おそらく1786年頃に制作された油彩画である。ロンドンのテート・ブリテンに所蔵されている。

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

しかし、彼の最も影響力のある作品は、近代のロマン主義画家によって引き継がれることになる、農村の田園地帯における理想的な牧歌的生活を描いた作品であった。その画期的な能力と情熱のために、彼はイギリスの画壇に大きな影響をもたらし、国の重要な画家として評価された。

詩的な風景画

ゲインズバラは、クロード・ロランやルーベンスなどの熟練画家の作品を学んだが、イタリアには行ったことがなかった。彼は、以前の風景画家の作品を、彼自身のアイデアや自然観で継承し、イギリスの田舎の牧歌的な場面に関する非常に個性的なビジョンを作り出した。

この薄暗い場面は、ゲインズバラが1783年に訪れた湖水地方の眺めである可能性がある。しかし、彼の後期風景画は、特定の場所を描く従来の表現からは遠く離れたものだった。それらは雰囲気の中でますます詩的になり、しばしばジョン・コンスタブルやウィリアム・ターナーの後の風景画を予期するような、劇的な品質を得ることに成功した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名
  • 分類絵画
  • 制作年不明-1786?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ40cm
  • 横幅48.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 橋の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。