作品概要

第10代キルモリー伯爵ジョン・ニーダム》は、画家のトマス・ゲインズバラによって制作された作品。制作年は1768?年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《第10代キルモリー伯爵ジョン・ニーダム》は、イギリスの画家トマス・ゲインズバラによって、おそらく1768年頃に制作された油彩画である。ロンドンのテート・ブリテンに所蔵されている。

18世紀の重要なイギリス画家

トマス・ゲインズバラは、18世紀のイギリスの画家の中でも最も有名な人物として名声を確立した。彼は、そのキャリアの早い段階でロココ様式の作品を制作し始めた。その作品は、当時の流行を通して貴族社会の豪華さと気楽さを表現した。

しかし、彼の最も影響力のある作品は、近代のロマン主義画家によって引き継がれることになる、農村の田園地帯における理想的な牧歌的生活を描いた作品であった。その画期的な能力と情熱のために、彼はイギリスの画壇に大きな影響をもたらし、国の重要な画家として評価された。

雰囲気を柔らかくする笑顔

ゲインズバラの画家としての偉大な才能の1つは、モデルの品位を保ちつつ打ち解けた感覚で描き、これらを独特のイギリス方式と組み合わせることであった。おそらく1768年にキルモリーの爵位を譲り受けたことを祝うために依頼されたこの肖像画では、ねじれた木の幹がバロック肖像画でよく使われる古典的な柱と同等の役割を果たしており、モデルの身分の高さを強調するのに役立っている。

しかし、キルモリー伯爵の顔に見られる笑顔は、壮大さや傲慢さといった雰囲気を柔らかくしている。薄い灰色と銀色で描かれた涼しい森の風景は、モデルの衣装の深い豊かな青、緋色、金色を引き立たせている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家トマス・ゲインズバラ
  • 作品名第10代キルモリー伯爵ジョン・ニーダム
  • 英語名John Needham, 10th Viscount Kilmorey
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1768?年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ233.7cm
  • 横幅156.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 第10代キルモリー伯爵ジョン・ニーダムの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。